30歳の転職で確認すべきこと!

1.30歳の転職は有利な面が多い

meeens
 30歳の転職における仕事探しはいまいちど確認するべきことがいくつかあります。それはどのような内容なのか紹介しますので、是非、これからの転職活動にお役立て頂けると幸いです。

 まず、多くの企業が求めている「即戦力」についてですが、即戦力と考えた場合に、30代は一般に体力も記憶力もやる気もある「つかえる年代」だと考える企業はたくさんあります。結果、30代が欲しいと思っている人事担当者はとても多いのです。
 企業の30歳に対する評価としては、いろいろな経験もしているし学生と異なり社会常識もある、ある程度のスキルを持っている人が多い、やる気や基礎体力も十分である、といったところでしょうか。

2.急募の求人を要チェックしよう。

 求人広告と同じ分野の専門スキルがある場合、急募の広告が時期を選ばず、そのたびにでることが多いです。つまりそのポストに欠員が出たのでいそいで補充しなければならないというケースですが、こうした求人に応募するのに30代はあらゆる年代の中でいちばん有利だったりもするのです。
 企業側の本音としてはとにかく即戦力が欲しいわけですから、自分が実務経験を持っている分野の急募はつとめてチェックをしておきましょう。ネットなどで検索すればそれらしき情報は毎日かなりたくさん入るはずです。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
 転職するならまずここに登録!という方も多い、業界トップクラスの求人数を誇る、定番の転職サイトです。多くの求人から求人を探すならココ!
利用者の声
良かった
30歳で転職するなら、少しでも自分の希望にあったところを探したいと考え、求人量が豊富なリクナビNEXTに登録した。業界や職種だけでなく、勤務地も幅広いので、Uターン就職も視野に入れながら、求人を探している。希望条件を登録しておけば、毎週、マッチする求人情報が届くので、取捨選択しやすいのもよいと思う。
良かった
リクナビNEXTで参考になるのが、「30歳、企業にスカウトされる人」の経験・スキルレポートです。自分の職種が転職市場でどう価値づけされているかを知ることで、計画をたてやすくなります。また、自分個人の市場価値は、レジュメを登録して、企業からのスカウトを待つことでわかります。自分を知ることで、求人を探しやすくなりました。
良かった
リクナビNEXTでは、無料でレジュメの作成ツールが使えます。スカウトを待つうえでも重要なレジュメを、ガイドにそって簡単に作成できるのは、とてもよいことです。また、レジュメのチェックツールもあるので、スカウトがこなければ、手を入れて、レベルアップをはかることもできます。そのせいか、興味通知オファーが増えました!
普通
30歳は転職市場で売り手なので、一つでも多くの求人情報を集めて選べば、希望の転職が叶うと思っていた。だが、業界を問わない営業職で、勤務地の希望だけを登録したところ、予想以上に新着情報が届いて、全部にじっくり目を通せていない。自分の希望を明確にできないと、情報があり過ぎて迷うかもしれない。


リクルートエージェント
詳細
★★★★
 オリコン顧客満足度1位を記録した人気の転職エージェント。キャリアアップを狙うならぜひ活用しましょう。
利用者の声
良かった
30歳になり、勤務先での自分の未来が予測できるようになったこともあり、今後について相談したくて、リクルートエージェントに登録してみた。キャリアアドバイザーに会うまでは、転職の意思はなかったが、話すうちに、自分もキャリアアップしたいと考えるようになった。自分の強みに気付けたことで、自信が持てた。
良かった
将来、結婚しても、子どもを持っても働き続けたいと考えているので、独身のうちに転職しようと考え、リクルートエージェントを選びました。私が希望したのは、キャリアが中断することになっても、育児と両立できる制度がある企業で、登録早々に、紹介していただくことができました。個人のニーズに応えられるのは、扱っている求人が多いことの証明だと思います。
良かった
自分に有利な転職活動を行うため、在職しながらのスタートだった。リクルートエージェントは、一度キャリアアドバイザーと関せリングすれば、マッチする求人をパーソナルデスクトップに送ってくれるので、時間を有効活用できる。また、面接の日時調整もしてくれるので、本当にありがたい。
普通
キャリアアドバイザーに勧められて、面接力向上セミナーに参加してきました。通常の模擬面接と違って、企業の面接官をシミュレーション体験できるのは面白かったのですが、面接に苦手意識がある私は、逆効果だったようで…。その後の本番では、面接官の思惑ばかりを気にしてしまい、自分らしく話せませんでした。
3.これまで経験した仕事のスキルを生かそう。

 持っている資格などもいちど書類に列挙してみて、自分のスキル・知識を最大限買ってくれそうな企業はどこか?よく考えましょう。短期間で取れそうなら、自分のこれまでの実務経験を磨くために新規に資格を目指してもいいかもしれません。
こういう工夫・努力をすることで応募企業に経験やスキルを効果的にアピールできます。志望動機欄も明確になります。実際、即戦力 アップにつながります。

ここがポイント!

●持っている資格などもいちど書類に列挙する。
●自分のスキル・知識を最大限買ってくれそうな企業はどこか考える。

おわりに

 10代から20代の若い人が必要とされている職場はあえて避けましょう。そうした職場は特に実務経験を必要としない仕事なのかもしれません。30代の自分より年配がメインで活躍しているような職種に転職するのが賢いです。

ページ上部へ戻る